高いタイムレコーダーでできること

会社ではずっと紙のタイムカードでガチャンと打刻する、いわゆるよく見かけるタイプのタイムレコーダーを使用していました。それが、社員数も増えていって、管理するのも大変になってきたということで、今までのものからもっと高機能のものにしようと検討することになり、いろいろ検討した結果、ある会社のものを導入することになりました。それはただ出退勤時刻を記録するだけだった今までのものとはかなり変わって、時刻を自動集計したり、ワークフローなんかでもシステム化できる高機能なシステムになりました。その分今までより高級ではありますが。で、高級なものだけあって、新しいタイムレコーダーは打刻するだけではなく、うちの会社は弁当を会社で頼んで注文しているんですが、その注文もそのレコーダーの画面上からできるようになっています。しかも自分のPCからも注文忘れの際には注文できるようになっていて、ただの勤怠だけではなく、それ以外にもいろんな機能がついているんで、ホントにおどろきです。画面も液晶で見やすいし、時刻のずれもほぼないということで、今までとはホントに比較にならない感じの高機能になっています。ホントに世の中はいろんなものがどんどん進化していっているのを実感します。

理想的な高級タイムレコーダー。

きっとこういうことに関しては男性や女性の方であるなら誰であるにしていても本当にこういうことに関してはとてつもなく高い理想というものを抱いていて、多くの方たちが憧れっていうことも抱いているのではないのだろうかっていう風にうも思っていることなのですけれども、どうせだったらタイムレコーダーっていう事を自分たちでも執り行ったりするっていうことが実現可能になるっていうのだったらできることなら高級なタイムレコーダーっていうものを所持するっていうことを行なってみたいっていう風に誰しもが思っていて夢にも描くっていうことになっているのではないのかって思っているのですけれども、確かに高級になっているというタイムレコーダーのほうが普通のタイムレコーダーなんかよりも多種多様になっていてそれぞれ異なっている素晴らしい特徴とかを持ち合わせるっていうことが実現可能になってくれているっていう素晴らしい事実も存在していて、それだけ多くの人々が魅力的だっていう風に思ってしまう素晴らしさっていうことが実在されているっていうことにもなっているんだって思っているのですけれども、高級タイムレコーダーは本当に魅力的になっていますよね。